食べ物の最近のブログ記事

以前に、生ハムとおなじような製造方法でユッケを加工するという話がありましたが、こんどはもう店舗では調理せずに専用の施設でユッケ1人前という最終商品の形にパッキングして流通する商品がでているようです。

事例でみる食中毒の現場―その原因と教訓 (従業員教育テキスト)
ユッケによる食中毒事件をきっかけに一気に肉の生食が規制され従来のユッケがほとんど食べられなくなりましたが、こここにきてユッケ復活の兆しが見えてきました

食材の宅配は比較的多くの会社が展開していて、できあがったお弁当の宅配もこれまた多くの会社がサービスを展開しています。 そんな間をぬっていく、ニッチなサービス、イエコックが面白そうです。

中国野菜企業の輸出戦略―残留農薬事件の衝撃と克服過程 EWGがショッパーズガイドとして、生産するにあたり多くの農薬を使っていてる野菜や果物のリストを発表しました。

ワースト1位から3位はりんご、セロリ、ピーマンのようです。

有機栽培の野菜は高くても選んで買うという人はいると思います。

もちろん、別にそれはかまわないんですが、普通の野菜でもいいんじゃないかとおもったりするんです。

特に日本の大多数の農家では農薬や化学肥料を使っているんですけど、その量はしっかりまもらているとおもいますし、自治体によっては農薬の使用量をさらに減らそうと努力していたりします。

それに、有機野菜だから健康にいいということはないんだと思います。
そんな調査がされたようです。

The Coveが公開されていろいろ物議をかもしている日本のクジラ食文化だけど、まぁいろいろ意見があっていいんではないかと思う。

個人的にはくじら特有のクセは味わい深くていいと思うし、クジラ食文化も尊重されるべきだと思う
。一部の地域ではイルカを食べるところもあるしね。
私はイルカだと抵抗があるけど、それは私がどうこういうものではないだろうしね。

だから、クジラ料理が嫌いな人もいるだろうし、海洋ほ乳類だからかわいそうだというのもいいんじゃないかと。

ただ、ね。
一国の首相が、政治の場しかも外交の場でハナシを合わせるために
「いやー、ホントのとこ私もクジラ嫌いなんですけどね」
なんて言うのはどうかと思う。


なんであんなにごはんはおいしいの?

今では炭水化物が太りやすいからってごはんを食べない若い子がいるみたいだけど、そんなのだめだよ。ごはんソムリエにおこられちゃうよ。
中国産の冷凍食品に農薬混入事件で被害にあわれた方には本当に気の毒だけど、いまの段階で中国に原因があるような決めつけは少し危険かもしれない。

とても梨とはおもえないル・レクチェ

お歳暮の時期になるといろんなところからいろんなものが送られてくるんだけど、どうしても定番化してきてビールだったりハムだったり。

日持ちがしやすく、それなりに実用的で贈り物として不足のないと考えるとたしかににたりよったりになるんだけど、関係先に送られてきたル・レクチェすばらしくおいしかった。

DCF_0006.jpg最近、食べに行くところはなんばの西側が多いんだけどこの難波の西側がけっこう美味しそうな店が多いみたい。

昨日は「げんせき」に行ってきた。
おすすめメニューには奈良の鹿の刺し身(奈良公園じゃなくて吉野だけど)とあまごの塩焼き。
それを見た瞬間に一緒に行った人と「まずはこれでしょ!」と、異口同音。

Powered by Movable Type 5.12

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち食べ物カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは音楽です。

次のカテゴリはスポーツです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。