アンジェリーナ・ジョリー サイボーグII [DVD]トップ女優のアンジョリーナ・ジョリーが自分には乳がんになりやすい遺伝子異常があるとして、乳がんになる前に乳房の切除を行ったそうです。

癌への対処法として投薬治療や放射線治療などがありますが病巣をまるごととってしまうやりかたもあり、肉体的な負担が大きかったりします。

特に女性にとっての乳房切除は精神的にもつらいものがあるので大きな決断だったと思います。

乳がんに関しては概ね遺伝的な影響が大きく、家系の中にがん発症者や乳がん発症の人がいれば結構な確立で乳がんになりやすいとされています。

アンジーの家系もそうだったようで、ニューヨークタイムス紙の記事には、なぜ切除にいたったのか「私の医学的選択」としてアンジーの言葉でかかれています。

My Medical Choice - NYTimes.com

アンジーはその後、切除した部分はインプラントをもちいて元にもどしているようですが、発症する前に先にとってしまうのは驚きました。

がんはたとえそれが乳がんであっても、発見が遅れれば転移することもおおいにあるので、ひとつの選択肢なのかなとおもいます。

朝日新聞デジタル:アンジー、乳房切除手術を告白 乳がん予防のため - 国際

「乳がん」といわれたら-乳がんの最適治療2012~2013 (日経BPムック)

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2013年5月14日 20:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハリネズミさんの弱点を発見する」です。

次のブログ記事は「型番がややこしいけど、PanasonicからQi対応のモバイルバッテリーなどが発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails