事例でみる食中毒の現場―その原因と教訓 (従業員教育テキスト)
ユッケによる食中毒事件をきっかけに一気に肉の生食が規制され従来のユッケがほとんど食べられなくなりましたが、こここにきてユッケ復活の兆しが見えてきました

北海道の食肉加工会社十勝スロウフードと食肉生産のノベルズが開発した非加熱製法によるユッケの提供を始めました

非加熱製法は日本で販売される生ハムにも用いられていて、生ハムも以前まではその名前の通り日本の食品衛生法のもとでは流通しづらいものでした。

それが今ではスーパーでも生ハムが手に入れられるようになったのは食品衛生法の改正とその加工技術、製法の開発によるものでした。

具体的に塩漬けと熟成乾燥の工程を経るもので、熱を通すひつようはなく風味はユッケに近いものになりそうです

完全なユッケとはいかないかもしれませんが、たべる楽しみがまた増えそうです。

非加熱ユッケがメニューに|WEB TOKACHI-十勝毎日新聞

桜ユッケ(馬刺しのユッケ) 1人前  【馬刺し専門店 天馬】

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2013年2月18日 19:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「こんなところにもあった、携帯電話会社のアンテナ設置で収益も申告漏れに注意」です。

次のブログ記事は「首からぶら下げるウィルスプロテクターでやけどの被害、次亜塩素酸ナトリウムによる化学やけどの危険に注意」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails