しあわせ猫ちぐら―猫と人とふるさとの写真帖 越後せきかわで、こんだニャンコと人におだよ。

ご主人様飼っている下僕たちにはこの季節モフモフ感がまして幸せな日々が続いてますが、とうのご主人様は寒さからもふもふになっていると思います。 そんなあいらしい、ご主人様達を気遣って専用のベッドを用意してもベッドが入っていたダンボールにいついてしまうという変なことがおこったり、おこらなかったり...

なかなか下僕としては難しい問題です。 でもこれなら納得してもらえるかもしれません。

猫ちぐら(つぐら)という、わらで編んだドーム型のかごが大人気らしいです。

作っているのは、新潟県の関川村猫ちぐらの会。 関川村猫ちぐらの会

関川村猫ちぐらの会によると

  • 100%天然のわらを使用
  • 保温性が高く、通気性があるので冬温かく、夏は快適
  • 大正時代にはすでにあったよう

のような特徴があり、天然素材ゆえに湿気の多いところやダニの問題もあるようですが、ちゃんとメンテナンスさえすれば問題なく使えるようです。

値段も一匹用で15,000円でそれほど高価なわけでもないのでご主人様にはもってこいです。

ただし、

只今大変多くの猫ちぐらのご注文をいただいており、ご注文からお届けまで1年2ヶ月を予定しております。大変ご迷惑をお掛けしますが、ご了承下さい。

らしいので、来シーズンにむけて予約しておきますかね。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2012年11月27日 18:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さかもと未明を知らなかったので調べてみました。」です。

次のブログ記事は「iTunes Matchってなに?使い方とか料金とかを調べてみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails