サントリー いちごミルク 190g×30本花粉症の人はなにがなんでも症状を和らげたいと思っていると思いますが、甜茶やしその実、グァバ茶とビフィズス菌が効くとか効かないとかいわれていますが、今度はいちごにも効果があるかもしれないという研究が発表されました。

北九州工業高等専門学校の川原浩治教授によると、人間の血液から採取した細胞の培養液にスギ花粉を入れ、花粉症を発症したモデルとなるヒト細胞を作製し、ニンジンやタマネギなど約190種類の食品で試し、イチゴから抽出した液を加えた場合にアレルギーの引き金となる物質「IgE抗体」が減少し、いちごの成分「GAPDH」という酵素が作用しているそうです。

また、品種にも違いがあるようで「とよのか」ではIgE抗体の量が22.3%、「あまおう」は16.7%減少したそうです。

モデルとなったヒト細胞ではなく、マウスに対する実験でも一週間を過ぎたあたりから症状が改善してきたようです。

ここまでくるとかなり効果の確度は高いんんじゃないの?
と、おもったりもするんですがこれを実際の人がそれほどの効果を得ようと思ったら、一日に20個程度を一週間食べ続けることになりそうです。

生のいちごじゃちょっと厳しいかもしれませんが、今後サプリメントとかなら可能性があるかもしれませんね。


イチゴに花粉症抑える効果...7日以上食べれば : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
鼻水を止めるには甜茶とシソの実とグァバ葉、それにビフィズス菌 - Delicious Fruits


Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2012年6月22日 22:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「農薬に汚染された12の果物、野菜とそうでない15の果物、野菜。」です。

次のブログ記事は「iPhone 5、2012年版新しいiPhoneで使えなくなる(っぽい)iPhoneアクセサリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails