boog.jpg急に寒くなってきて、温かい飲み物が恋しくなってきたりしてますが、そんな暖かい飲み物でも冷めてしまっては味気ないものです。でも、冷めてしまった飲み物が手軽に暖められたら便利ですよね。化学の力で温められる商品があるようです

スプーンのようなスティック型のboog coffee wamerはおしりの赤い部分をひっぱると、先端部分が発熱して冷めた飲み物を暖めなおすことができるようです。

boog3.jpg

Webサイトによると仕組みは簡単で、ひもを引っ張ると暖かくなるお弁当と一緒。
スティックの先端には酸化カルシウム(CaO)が入っていて、おしりの部分を引っ張ると柄の部分に仕込まれている水(H2O)と反応して、水酸化カルシウム(Ca(OH)2)に化学反応を起こし、その時の反応熱で飲み物を暖める仕組みです。

一連の反応はスティックの内部で行われるので飲み物自体には熱以外の反応は伝えないみたいなので安心かもしれませんね。

飲み物をあたためてくれるスティック「Boog」: DesignWorks
Boog Coffee Warmer by Jung Eun Park » Yanko Design

Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)
Theodore Gray
オライリージャパン
売り上げランキング: 55675

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2011年4月20日 04:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「震災ボランティアの単位認定は絶対にするべきでないたった一つの理由」です。

次のブログ記事は「日本全体が沈んでる?水準原点の測量し直しへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails