コンビニの買ってはいけない食品 買ってもいい食品 (だいわ文庫)世の中の加工食品には品質を保つためにいろんな添加物が加えられているのがあたりまえですが、意外と添加物が加えられていないのを知らない人も多いとか。

そんな、加工食品の宝庫、コンビニの商品を買ってもいい、買ってはいけないに紹介されている本のようです。
その紹介文がWEB本の雑誌で紹介されていたんですが、ちょっとつっこみたくなったのでマジレスしてみます。

コンビニのおにぎりは買ってはいけない?~コンビニの買ってはいけない食品 買ってもいい食品 - BOOK STAND|WEB本の雑誌

まず冒頭で買ってはいけないとしてシーチキンマヨネーズのおにぎりについて

例えば買ってはいけない食品だと、おにぎりの「シーチキンマヨネーズ」があります。コンビニのおにぎりは「おいしい」という人と、「変な味がしてまずい」という人にわかれるようですが、「まずい」と感じる人は、ご飯に不自然な味を感じるのだとか。実はコンビニおにぎりのご飯には秘密があります。なんと油が使われているのです。

んん?
後半はシーチキンマヨネーズのことなのか、おにぎり全体のことをいっているのかわかりづらくなっています。

また、次の段落では

おにぎりのご飯を少しつまんで、水の入ったコップのなかでかき混ぜてみれば、油が浮いてくることが確認できます。ご飯が製造機械に付着するのを防ぎ、また保湿や保存のために植物油(ナタネ油やコーン油など)を混ぜているのです。しかし、「ご飯」としか表示されないので、消費者には油が使われていることはわかりません。

シーチキンマヨネーズのとる部分では油が浮いてくるのは当然だと思うのですが...

添加物の代表格、防腐剤についても酸などのpH調整剤などをあげ、お酢の殺菌効果を認めつつ粘膜への刺激を指摘していますが、それは単純に酢の特性を言い方を変えているだけではないかと思います。

なぜか、同じ段落で突然グリシンの話に移り、ニワトリやモルモットに大量に与えると中毒を起こすことを指摘していますが、ここは笑うところでしょうか?

なんならこの文章を書いたライターや、私自信が普段よく摂取している一酸化二水素(Dihydrogen Monoxide : DMO)も摂取しすぎると中毒を起こします。

でもこの一酸化二水素は大量摂取で中毒を起こすからと言って、摂取しないと命の危険があるので摂取しないといけません。
ようは量の問題なのではないでしょうか。

最後のどうでしょうか?
というくだりは「笑えましたでしょうか?」と続くと思っていたのですがそうではないようです。

実際にこの本を読んでいないので紹介文だけで判断するのはこの本の正当な評価にはあたらないと思いますので、買ってみたいと思います。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2010年7月 5日 01:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iOS 4がリリースされたから便利かもしれない関連リンクをまとめてみる」です。

次のブログ記事は「母親の心音で子守唄なCD、安心音」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails