がんペプチド療法とは

がんの治療には抗がん剤、外科手術、放射線治療が一般的に知られていますがさらにがんペプチド療法というのがあります。

がんペプチド療法とはペプチドワクチンを注射することで免疫力を高めがんを抑制するものです。

その前にペプチドとはアミノ酸が一定の順番でつながった状態のことで、アミノ酸それぞれが吸収されて狙った効果をだすよりも、一定の順番でつながった状態のアミノ酸、ペプチド状態のものを取り入れることでより効果的な効果を出すことができるのでペプチド化することが有効とされています。

がんの治療に着いては科学的だけど高価で負担が大きい治療法もあれば科学的には証明されていないものの効果があるとされている民間療法的なものもあり、患者やその家族にとってはわらにもすがる思いだと思いますが、あらたな治療法が国に認定され患者や家族の負担が少なくなれば、選択肢も増えていい結果になるのではないでしょうか。

がんペプチドワクチンの臨床試験について
ペプチドナビ

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2010年5月19日 06:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニエリのMW600がどうもかなりすごいらしい。」です。

次のブログ記事は「オーガニック食品伝説、終了のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails