もうそろそろエコ=太陽光発電というのはいいんじゃないかとおもうけど、最近太陽光、風力の次に注目されている再生可能エネルギーとして波力発電が注目されているようです。

波力発電とはその名の通り、波の力で電気を生む発電システム。

具体的には設備内に空気室を用意しその空気室に波が上下した時の圧力で空気を押し出したりして風車のような空気タービンを回すのが基本的な原理。

面積あたりでは、太陽光発電の20倍~30倍、風力の5倍程度の発電能力があるらしいんですが、太陽光発電ってこんなにも発電効率がわるかったんですね。

多くの発電施設を設置するという意味では住宅の屋根に設置できる太陽光発電は大きなメリットがあるんだけど、風力や波力に比べるととても低いんですね。

波力発電 - Wikipedia

実用化に向かう波力発電―面白くなる海のエネルギー21世紀のクリーンな発電として 波力発電―原理から応用まで

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2010年1月 4日 05:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「坂本龍馬も近江屋なうとつぶやいた、かもしれない」です。

次のブログ記事は「コメルツ銀行が不適切なレート提示で混乱を招く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails