グリシドール、グリシドール脂肪酸エステルの件でエコナが販売自粛になった事を受けて消費者団体が特保指定を取り消したほうがいいんじゃないかと主張しているらしい。

が、この主張はなんだか変だ。

まず、問題となっているエコナの何が問題かというと、グリシドール脂肪酸エステルが多く含まれている可能性があるというハナシ。

一方で、エコナは特定保険用食品に指定されている訳だけど、この特定保健用食品(通称:特保)はある特定の効果に対して確かに効果があると認定されたい場合に指定されるもので、エコナの場合は脂肪がつきにくいということが認定されて特定保健用食品に指定されている。

特定保険用食品に指定されているからと言って特に安全だとか、グリシドール脂肪酸エステルが含まれていないとかを証明しているものではない。

にもかかわらず、消費者団体の方々は
「グリシドール脂肪酸エステルが多く含まれているエコナは特定保健用食品に指定されているのは問題だ」
と言っているわけですが...

おかしくないですかね?

べつに、エコナを攻めるな!と言う気はないけど、グリシドール脂肪酸エステルと特定保険用食品指定の有無とは関係ないでしょ。

エコナの特定保健用食品の指定を外したいなら、
「脂肪がつきにくいことはない!」
ということを主張すればいいし、

グリシドール脂肪酸エステルが問題と感じるなら
「グリしドール脂肪酸エステルの含有量とグリシドールの関係を明らかにすべき」
「もっとグリシドールの情報公開を!」
とかを主張すればいい。

それを、関係ないもの同士を結びつけて「安全だとはいいきれない!」とか、そんなこと言うから

「あー、バカな消費者団体がまた脊髄反射でなんか言ってるよ」
って、消費者団体が守るべき消費者に思われちゃうよ。
メーカや行政にじゃなくてね!

怖いのは
「あーまた主婦連ね。ハイハイ。」
とか、になっちゃって声の小さい消費者の代弁者としての消費者団体のイメージが「脊髄反射クレーマー」というレッテルがはられちゃったりすると、消費者としては支持できなくなっちゃうな。

もし、そういうものいいをする人がディベートの同じチームなら、しばらく黙っててもらうけどね。

全国消費者団体連絡会ホームページ
日本消費者連盟-ホーム
食の安全・監視市民委員会 FSCW
市民バイオテクノロジー情報室~INDEX
[2009年9月11日]《健康エコナクッキングオイルなど「高濃度にジアシルグリセロールを含む食品」の特定保健用食品としての認可取り消しと一時販売停止の要望》(花王宛) - 主婦連合会
グリシドール、グリシドール脂肪酸エステルとは - Delicious Fruits


Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2009年10月 6日 02:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グリシドール、グリシドール脂肪酸エステルとは」です。

次のブログ記事は「サーバの不具合でここ数カ月のデータが飛びました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails