水で発電できる乾電池、水電池NOPOPO

水で発電できるなんて画期的すぎてすわえせ科学!
なんてなってしまいそうだけど、これはほんとに水をつかって発電するみたいです。

「水で発電する画期的な電池が登場」
なんて見出しにすると、えせ科学じゃないかとまゆつばな目で見られてしまうけどこの電池は水を使って発電しはじめるんです。
別に物理法則を無視した高効率とか、永久機関とかじゃなくて電気を起こすための化学変化のトリガーとして発電させるようです。

トリガーとして水分を利用するのでそれまでは電池として機能せず、長い間使っていない電池をいざ使おうと思ってみたらつかなかったって言がないように、休眠したような状態で使うときになったら水分で化学変化をおこしてはじめて発電がはじまるみたいです。

トリガーとなる水分はお茶や唾液でも大丈夫みたいな稲野で家庭の防災備蓄と一緒にワンセットそろえてみるのもいいかもしれません。

製品情報 - 日本協能電子株式会社



水電池NoPoPo1本付【LED懐中電灯】

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2009年9月 1日 01:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黒にんにくとは - NHKの月刊やさい通信で気になった」です。

次のブログ記事は「グリシドール、グリシドール脂肪酸エステルとは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails