Delicious Fruits: 2009年8月アーカイブ

2009年8月アーカイブ

時々日曜日の朝にやっている、月刊野菜通信をみているんだけど今月の特集はにんにくでした。

においの強いにんにくをおいしく食べようってことなんだけど、そのなかで黒にんにくが紹介されていてなんだ?っておもったのでメモしておきます。

大粒で身が締まっている福地ホワイト六片種というのが有名らしい。
福地にんにくは肥沃な土地が必要らしく、今では有名な田子地方の土地を改良してまで育てて、全国に広めるためににんにくの大きさに規格をもうけてにんにく生産でトップに。

かなり手間がかかっていますね。
農産物と言えばその土地や気候にあったものがあたりまえなんだけど、福地にんにくのためにそれにあう土地に変えちゃうんだから。

たしかに田子のにんにくは大きく粒がそろっているのでレストランとかの見た目が大事な料理とかにはいいかもしれない。

黒にんにくはこのサイトによると黒にんにくは炭になってるわけじゃなくて
12日も熟成させながら72度で蒸して栄養分を凝縮させるらしい。
その過程で黒くなっていくので、もちろんおいしくいただけるみたい。

月刊やさい通信で、糸井重里がにんにくをかじって「予想通りの辛さですねー」とか涙流していたけど、黒にんにくを粉末状にしている商品もあるそうで粉末にすると匂いがしないみたい。

粉末にする方法はポン菓子みたいにって書いてあるので、圧力をかけて一気に圧を抜く感じかな。

にんにくが食べられるようになったのは第2次世界大戦以降、中国で餃子を食べた人から広まったみたいで、でも中国の餃子にはにんにくがはいっていなかったとか。
当時はいいお肉を使えなかったので肉の臭みを消すためににんにくが使われたらしい。

においが強いから使われていたみたいですね。

熟成爆砕製法 大地と技が育てた 黒にんにく|ユニチカ

都市鉱山とも呼ばれる廃棄携帯電話の中のレアメタルを政府が戦略的に解消しようとする一環で5億円もの補正予算を組んで不要になった携帯電話を回収するために持ち主に対してなにかしらのインセンティブを与える(抽選でなにか)てレアメタルを回収しようというプロジェクトが進んでいるみたいです

夏場に汗をかくのはあたりまえなんだけど、暑いからって薄着で汗をかいちゃうとどうしてもTシャツなんかには汗の濡れた跡がみえちゃってちょっと恥ずかしい。

そんな、汗じみがわかりにくいTシャツがあるみたいです

Powered by Movable Type 5.12

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年6月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。