アメリカのグリーンニューディールが注目されて地球環境保護が景気対策になってしまう言葉のマジックに驚く限りなんだけど、日本でも例に漏れずグリーンニューディールがむにゃむにゃとかいっていたら、どうもスクールニューディールなるものがぶち上げられているらしい。

アメリカのグリーンニューディールに習ってか、景気対策ならなんとかニューディールが許されるみたいで、スクールニューディールが注目されているらしい。

スクールニューディールとは、全国の公立小中学校に今後3年程度で

  • 耐震化工事
  • 太陽光発電システム
  • 地上派デジタルテレビ
  • IT環境の整備

などの、盛大な投資がされて雇用を生み出そうとするらしい。
この投資に地域の企業が関与できればニューディールらしい効果がありそうなんだけど、大手だけにくわれちゃわないようにと思ったりしちゃう。

で、少し気になったのがIT環境の整備で含まれそうな電子黒板の設置。
どうもこの電子黒板の設置は一校に一台を設置するらしく、某テレビ番組ではその電子黒板の一つが株式会社サカワの「しゃべるくん」と紹介されていました。

もしかして、これは一社で供給ですか?

株式会社サカワのサイトをみていると
緊急経済対策対応品としてしゃべるくんが紹介されているので他のメーカでも同じような商品があるのかもしれません。

やはり官公庁との取引はすごいですね。

どうか地域の経済にもいい影響をあたえてください。

株式会社サカワ|学校用大型黒板・電子ボード・スマートボード|オフィス用品|集成材・木工事
電子黒板のサカワ

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2009年6月17日 01:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ファンや保冷剤がついた夏の暑さ対策商品いろいろ」です。

次のブログ記事は「「一瞬で相手をオトす洗脳術」が売れすぎてる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails