Bluetoothver.2.1 ステレオ ヘッドセット SBT02BKいくつか、Bluetoothのヘッドフォンを使ってきたんだけど、シグマAPOのBluetoothヘッドフォンを注文していたのが届いた。

感想を少しだけ。

Bluetoothヘッドフォンはいくつか試してみたんだけど、どれも一長一短だしBluetooth特有の問題もあるのでなかなかこれという商品がなくて苦労していたら1月にシグマA.P.OからBluetoothヘッドフォンが発売されるらしいということで早速予約。

もともと、ソニーのDR-BT22を使っていたんだけどかなりハードに使っていたのか内部配線の具合でビミョーな角度でセットしないと左側の音がとぎれるということがあったので買い換え考えていたのでちょうどいいです。


届きました。(やった)

発表当初は1月末発売とあったんだけど結局2月上旬に変更になったみたいでようやく届きました。
発表がある少し前にSonyからDR-BT101-Bが近日発売されるらしいという発表があったんだけど、その後にシグマA.P.Oから届いたSBT02BKがiPhone用のアダプタSBT01BKのセットで販売されるらしいとあったので私はこっちを購入。

まず、購入のポイント
・iPhoneアダプタとセット販売
・ワンセグ対応(SCM-T)
・ヘッドフォンだ(耳にひっかけるタイプとかじゃない)
・発売日が明確(だからDR-BT101-Bを選ばなかった)

で届いてみると
重さはそれほど重くなく、マットな塗装がチープさを感じさせないのがいいかもしんない。
箱をあけて内容物をチェックして、電源を入れてみると問題なく電源がはいるのですぐに使えるみたい。

で、さっそくペアリングペアリング。
他のBluetooth製品と同じように電源を長押ししてペアリングモードでアダプタをiPhoneに接続すればアダプタとのペアリング完了。

他に、携帯電話とのペアリングもペアリングモードにして「0000」を入力して完了。

この編はなれた感じ。
今は試せてないけど、iPhoneのヘッドセットとアダプタとのA2DPのかねあいも機会があったらやってみよう。

携帯電話で今まで通りヘッドセット、A2DP両機能とも利用できるのでちょうどかかってきた電話をヘッドセットで受けてみた感想。

やはりマイクの位置が右側ハウジングに穴が開いてるだけなのでフツーの会話には問題ないんだけど、相づちとか少し声のボリュームが小さいと相手は聞こえずらいみたい。

右側ハウジングには電源の他にボリュームの上下、A2DPで利用する送り戻し用のボタンがついているんだけど電源以外のボタンがシーソーみたいな構造みたいでクリック感が少し固めなのでいまいちさくっと操作ができずに、しっかりと押し込む感じ。
このあたりはちょっと改善してほしいな。

充電用のポートは他のBluetooth機器でも利用されていたりする細い端子(たぶん3v)で、充電用のケーブルをなくしちゃうとめんどくさいことになりかねないので注意。
(昔よくBluetooth機器を買ったことがあるのでこの端子が二股になったやつがあるので私は安心)

実際の装着感は前に使っていたのが、華奢で緩い締め付けのDR-BT22だったのでそう思うのかもしれないけどヘッドバンド部分も太くしっかりとした感じ。
でも、頭がでかいひとだったり帽子の上からつけると、少し締め付けがきつい感じがするかも。でもこれはこれでしっかりとしていて重さも軽すぎず重すぎないので満足してます。

とりあえず、このSBT02BKのもう一つのウリのイヤーパッドを変更できるってとこははじめについてるヘキサゴン(六角形)のやつはカッコイイわけでもないのでスクエア(四角形)に換装してます。

とりあえずはこんなところかな。
ソニーのやつ、安いんだけど失敗したかな...

Bluetoothver.2.1 ステレオ ヘッドセット SBT02BK
シグマAPO ブルートゥースI-PODオーディオアダプタ ブラック SBT01BK
ソニー ワイヤレスステレオヘッドセット DR-BT101-B
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット DR-BT22

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2009年2月11日 20:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自民党の消費税うんぬんについて考えてみる」です。

次のブログ記事は「iPhoneで Bluetoothステレオ、 A2DPができるようになった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails