昨年の末ごろから自民党のトップのはずの麻生さんと自民党の議員さんたちが消費税の値上げ時期について盛り上がってるみたいだけど、見方をすこし変えて見た。

自民党のトップのはずの麻生さんが同じ自民党の議員さんたちからモーレツな反対を受けてどうしても、明言したい消費税の値上げ時期について苦労しているみたいだけど、少しだけ考えてみる。

そもそも、麻生さんはなんで消費税をあげたがっているのか?
あまり政治には詳しくはないんだけど政権与党としては現在の財政難で新たな財源を確保するためなんだろうと思う。

一方で、自民内の値上げ時期明記に頑なに反対している人たちは、そんな「景気がわるいこの今の時期に将来、税金上げますよなんて景気にマイナスっぽいこととてもじゃないけど言えません」ということらしい。

でもやっぱり、政権与党としてはぜいきんあげるつもりなんだよね?
今回の件も「明記に」反対しているのであって「値上げに」反対しているわけではないし。
で結局のところ選挙のために反対しているんでしょ?なんて市民は思ってしまうわけですよ。
ましてや3年先の話なら駆け込み需要も見込めるんじゃないかとも思う。
(もちろん、企業はその後の冷え込みも考慮して投資を抑えるかもしれないけど)

だいたい、政権与党だったら勇気を持って財源確保のため税金上げますよって堂々と説明すればいいのに。

そうでない政権与党なんてとてもじゃないけど支持できない。
ましてや内輪もめしてるなんて、もうねアホかと。もうそんな茶番は見飽きたよね。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2009年1月20日 07:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「共産主義について盛り上がったので知っていることを書いてみる。」です。

次のブログ記事は「シグマ APO のBluetoothヘッドフォンSBT02BKが届いた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails