朝のニュースを見ていると、常滑技術センタガーが新しい保水タイルを開発したみたい。

原料にリサイクル原料を使いつつも、圧力をかけるだけで通常のタイルにちかい耐久度をもっているらしく、リサイクル商品によくある、環境には優しいけどコスト高ってことにはならないみたい。

それにもまして保水性能がすぐれていて打ち水効果でバルコニーとかに配置すると効果覿面だとか。

詳しくは常滑窯業技術センターのページをみていただきたいんだけど

今回開発された保水タイルの特徴は

  • 着色剤以外の主原料はリサイクル原料
    • シャモット
    • 珪藻土
    • 消石灰
  • 生産が簡単
    • タイルのように焼き固めるための焼成が不要
    • 圧力をかけて成形後20程度で十分な強度
  • 小さな穴があるため、保水力が高い


来年の3月には事業化を行い、1平方メートルあたりの単価は施工費込みで8,000円程度らしいので、住宅のリフォームついでにやったり、ガーデニングを始めるまえに敷き詰める程度なら一般家庭でもやりやすいかも

リサイクル原料100%、不焼成保水建材を開発しました | 愛知県

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2008年5月24日 19:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「疥癬(かいせん)に効くらしい六一〇(ムトー)ハップが楽天で売り切れている」です。

次のブログ記事は「ほんとに効果がありそうなダイエットDVDコアリズム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails