地デジのためにタビング10とか議論沸騰中だけど、個人的に言わせてもらうとしばらくは地デジに移行する気はないです。

というのも、地上波で録画したものを携帯用に変換して移動中とかに見てるから。
地デジになるととたんにこれができなくなっちゃうんだよね。

いろんなところで読売新聞の記事が話題になっているみたいだけど、自宅で録画→携帯で視聴という私みたいな利用の仕方ができなくなっちゃうのでとてもじゃないけど地デジなんかには移行できない。

いま移行するメリットがまったくない。
それがダビング10になろうがなろまいが。

私の利用の仕方が特殊なのかもしれないけれど、こういった利用者をだれもみちゃいない。

それとメーカに一言いいたい。

そろそろ

「北京がまってる」

とか、やめないか?
東京オリンピックの時代じゃないんだから。

ただ、ダビング10の行方が迷走していては、消費者は録画機器の購入をためらうだろう。テレビ観戦や録画の機会が増える北京五輪も控えている。その商機をみすみす逃すつもりだろうか。

ダビング10 メーカーの頑固さ、なぜ? : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2008年5月11日 01:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二酸化炭素が温暖化の原因じゃない!?というメディアバイアス」です。

次のブログ記事は「疥癬(かいせん)に効くらしい六一〇(ムトー)ハップが楽天で売り切れている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails