洗髪には石けんの方がいい?

livedoor ニュースにオーガニックな石けんを使って頭を洗う記事があって少し驚き。

経験した事がある人はわかると思うけど、石けんなんかで頭を洗おうものなら髪がキシキシと悲鳴でもあげるような感じに仕上がってしまい、特に髪が長いと絡まって仕方がないのでとんでもないと思っていたけど、実は石けんの方がいいような事を書いている。

ようは、オーガニックな石けんで体質に合えば問題ないのだとか。
それに髪がきしむ原因も

石けんシャンプーで髪がきしむのは、石けんカスが原因だという。石けんは弱アルカリ性で、汚れと結びつき水と出合うと石けんカスが発生する。さらに、弱アルカリにはキューティクルを少し開かせる性質があるため、石けんカスがつくと取れにくくキシキシした感じになるらしい。キューティクルの状態がいい髪はカスが落ちやすいが、キューティクルが開いている荒れた髪だととくにゴワゴワしがち、というわけだ。
また、石けんで弱アルカリ性に傾いた髪は酸性で中和させるとキューティクルが閉じ、石けんカスも落ちやすくなる。よく昔から、薄めたお酢でリンスするといいと言われているのは、その原理。酢の匂いが嫌、という人はレモンの絞り汁やクエン酸、リンゴ酢などさわやか系の香りのものを薄めて使ったり、そこにアロマオイルを加えるなどの工夫をしているようだ。変わり種ではワインを使う人もいるとか。しかし、髪が健康になるとリンスなしでもしっとり。

と、記事では数ヶ月ほどで髪質の変化が実感できるとか、合成シャンプーは髪質改善につながらないとかシャンプー業界に激震が走りそうな事が書かれているけれど、髪質が変わるのに数ヶ月も待てない人もいるだろうし、

環境にもやさしく、長持ちするから経済的というメリットもある。ほかにもさまざまな種類の石けんがあり、自分に合うものを探すのも楽しい。シンプル&エコで女も磨ける石けんライフ、あなたもこの冬から始めてみては?

と、締めくくっているあたりに

石けんを使ったシャンプーが髪質改善にいいのか
オーガニックな石けんをつかったエコ活動なのか

適当さ加減が滲み出ていて、バカにされている気がしてしまった。

livedoor ニュース - 【独女通信】石けんでうるおいながら女を磨こう!

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2008年1月26日 02:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「論理の破綻」です。

次のブログ記事は「楽天市場の入札するだけで3ポイントもらえるオークションの送料がヒドイ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails