デジタルカメラ専用防水ケースディカパック WP-500夏真っ盛りはとうにすぎさり、もう涼しく虫の音が聞こえてきて季節外れがいなめないんだけど、今年の夏に活躍してくれたデジカメの防水ケースが「ディカパック」。

前にも少し紹介したコンパクトカメラ用防水ケースだけど、あのときはまだ購入前だったので、実際に使ってみたレビューを少し。

P1050242.jpg
私が使っているカメラ「Lumix DMC LX-1」では普通の状態でも鏡銅部分がでっぱっているので、当然、鏡銅部分がおさまるんだろうと思っていたら、まったくもって収まらない!

電源を投入したらちゃんと伸びたレンズがおさまるんだけど、これがまた28mmな広角レンズでは防水ケースの鏡銅部分がケラレてしまって、「こりゃズームをするか」とか思ったら2倍ズームできるかできないかで、防水ケースにあたってしまって、カメラ側が強制的にレンズを縮めちゃって電源オフ。

うげーちょっと使いづらいかも。

電源を再投入したら、鏡銅がしっかりケースにおさまらないのでずれてなかなかうまくいれれないし。

それでも、雨の中で撮影とか、こういった水辺での撮影で防水ケースをラインナップしていないコンパクトカメラにとっては選択肢が増えた事になるのでまだましかな。

じつは、雨の日に撮影してて、鏡銅部分に水滴が入り、レンズが曇っちゃってそのあとまともに撮影できなかったので、やっぱり買って良かったかもしれない。

P1050245.jpg
P1050246.jpg

手持ちのデジカメを簡単に防水仕様にする、デジタルカメラ専用防水ケースディカパックDiCAPac : Delicious Fruits.

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2006年9月17日 00:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MacとGPSとデジカメと。写真にGPS情報を記録する」です。

次のブログ記事は「かねこさん2周半お疲れ様でした。なトラックバック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails