最近、自分で使うデジカメを買う機械があったのでいろいろ物色していると各社さまざまなデジカメを出していていろんな性格があるなと実感。
それにしてもデジカメとかに詳しくない人はここから自分にあったデジカメを選ぶのは大変だろうな。
ということで、デジカメに詳しくない人からアドバイスを求められたらこれがオススメというというのを理由と一緒に。
ほんとにアドバイスを求められたらうんちくはともかく、目的のカメラをさわらせてあげるのがベター。

デジカメも安くはなってきたけどやっぱりそれなりの金額がするものなのでデジカメの選ぶ基準というものをいくつかあげてみる。
そのまえにどんな用途で使うかをあらかじめ聞いて、相手再認識させてあげたほうがいいのかも。
ペットを飼い始めたからとか、外食の時の料理ををとか、子供が産まれたからとか、旅行がすきだからだとか。
そうすればおのずと撮影シーンが限られてそのシーンに最適なデジカメがみえてくるはず。

画素数

デジカメを選ぶ一つの基準で画素数というのがあって深夜のテレビショッピングなんかをみていると「500万画素ですよ、500万画素!」なんて宣伝してて確かに500万画素もあればさぞかしキレイに印刷できるだろうなと思ったりするけど、実のところみんなそんなにめいいっぱい大きな画像サイズで撮影しているんだろうか?
私の携帯が190万画素ぐらいあって私が懈怠で撮影するときは基本的に最大サイズで撮影するようにしているけど、友達の400万画素のデジカメの設定をみてみると一番大きい画像は選んでいなかったりするし、デジカメで撮影した画像ってほとんどがパソコンで縮小した状態でみることが多くて印刷することは稀なんじゃないかな?

しかも画素数は「どれだけ写真がキレイか」ではなくて「どれだけ大きなサイズを撮れるか」なので高画素=写真がキレイというわけではなかったりする。写真がキレイにとれるかどうかはまた別のところにあったりするわけです。
なので、記念写真やスナップぐらいの用途の人にとっては画素数に騙されるなってところです。

バッテリー

これが意外に重要。
真剣に写真を楽しむ人は「写真を撮りに行く」という目的あるので写真を撮るときにはしっかりと準備していたりする。
それはメモリカードの準備だったり三脚の準備だったりと装備だけではなくて、バッテリーもしっかりと充電。
でも、あまりデジカメに詳しくなかったりスナップだけで構わない人はいざお出かけってときにさっと撮り出して撮影するぐらいなのでそんなにたいそうな準備なんてしないんだと思う。
もちろん、バッテリーも何ヶ月か前にデジカメを使ったそのままの状態なので一日もつかどうか怪しいところ。
こんな時にデジカメに内蔵しているバッテリだったり専用のバッテリーだと出先でバッテリーが無くなったとことに気付いたってもうどうしようもなかったりする。
エントリーレベルのデジカメのなかには単三電池が使えるヤツがあるのでこういったものをチョイスしていると出先でバッテリーがなくなってもコンビニに走れば買えるし、観光地ならインスタントカメラと一緒に電池とかも置いていたりするので安心です。

機能

デジカメに詳しくないなら「手ぶれ補正」「高感度」「余計な機能なし」というのを選ぶべき。
手ぶれ補正は安いカメラにはついてないことがあるけど、写真の初心者はこれは外せない。
手ぶれの原因のほとんどが光量不足が原因なんだけど、その光量不足に陥りやすい室内で撮る事が多いのが写真に詳しくない人たちだったりするので、まずはこれ。
次に高感度。
やっぱり室内だと暗くなりがちで、そんなときでもシャッターをおしたくなっちゃうので暗いところでも撮影できる高感度も重要。
これも結構大事なんだけど「あんな機能やこんな機能」が付いていてもほとんどは使わないのでそんな無駄な機能があるよりも「撮影するときはこのボタン」とか、それぐらい操作性がシンプルな方がいいかも。

画角

デジカメでいろんなものを撮っていると実際に見た感じと迫力がちがったり、カメラを構えたときに実は撮りたいものがぜんぶ入らなかったりして困る事が時々あったりする。
特に室内なんかでは「みんなを全部いれたくて、一歩下がりたいのに狭くて下がれない」なんてことがあったりと、一般的なカメラの画角ではなにかと不便だったりするんだけど、最近は画角が広くなった広角とかいわれるレンズを使ったカメラが増えてきたので28mmとか24mmとかのレンズがあるものを選んだほうがいいかも。
それに広角は遠近感を強調する傾向もあるので撮るのが楽しくなるかも。

オススメデジカメ

「手ぶれ補正」のLumix
他のメーカの手ぶれ補正は感度をいっきに引き上げてぶれるの防ぐのとは違いLumixはレンズ自体を動かしてぶれ補正を行うので感度は維持したまま手ぶれ補正ができる一品。
しかもLumix-FX01広角レンズを使っているのでオススメ。
広角レンズのLumix FX01

「簡単操作」のEXILIM
カシオのデジカメはいつごろからか、赤い撮影ボタンと緑の再生ボタンがかならず付くようになっているのが他のメーカとの大きな違い。
他のメーカはモードの切り替えをダイヤルで操作するタイプがほとんどなので電源を入れたら再生モードになっていて煩わしかったりするんだけどカシオの場合はとりあえず撮影したかったら赤いボタンを押せばそのまま電源投入から撮影モードへ。あとはシャッターを押すだけの簡単操作が抜群。
しかも、起動時間の短縮にも力をいれているのでストレスのない殺意絵ができる機種。
薄くても3倍ズームのEXILIM EX-S600

「高感度」のFinePix
フジフィルムという少し地味なイメージもあるけど、高感度に関しては抜きんでた性能を誇っていて夜景、室内そのた暗いところならおまかせなかんじ。ISO 3200とかふざけた感度なのでほとんどのシーンで撮影ができるかも。
これからは画素数でデジカメを選ぶのではなくて高感度でデジカメを選べと言いたくなるぐらいの素晴らしさ。
圧倒的な高感度のFinePix F30

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2006年6月11日 18:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんばの「げんせき」であまごの塩焼き」です。

次のブログ記事は「なんとなくこんな雰囲気が好きで音楽が選べるインターネットラジオ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails