DCF_0006.jpg最近、食べに行くところはなんばの西側が多いんだけどこの難波の西側がけっこう美味しそうな店が多いみたい。

昨日は「げんせき」に行ってきた。
おすすめメニューには奈良の鹿の刺し身(奈良公園じゃなくて吉野だけど)とあまごの塩焼き。
それを見た瞬間に一緒に行った人と「まずはこれでしょ!」と、異口同音。

鹿の刺し身はすこし甘い薩摩醤油でいただいて薩摩醤油のおいしさたるや。
そのあとに頼んだ薩摩揚げも同じく薩摩醤油で。
一緒に行った人いわく、「この薩摩醤油が焼酎とあうのよ!」と、あまりお酒を飲まない私はあまりよくわかんなかったけど、確かに焼酎もいっぱいありました。

あまごの塩焼きは目の前ですごい時間をかけてじっくり焼いていたのでふんわりと柔らかく頭からまるごと。
身が甘く感じれてなんばで川魚が食べれるとは思っていなかったなぁ〜。

それほど食べてもいないのにもうそれだけで満足感いっぱいで、次回いくのがほんとに楽しみ。
一緒に行った人とはあまりご飯物をたのまないんだけど、「こだわり玉子かけごはん」と「出汁茶漬け」を珍しく注文。
玉子かけご飯もうまいし、出汁茶漬けが最高!

お茶のかわりに、お出汁がかかっていてたらこがほんのり白く、ほろほろと崩れてごはんといっしょになってて…もう最高。

お店の料理にさつま関係が多いので店のひとがそうなのか聞いてみたら、そうではないみたい。
久々に誰かを連れていきたいと思わせるお店でした(次回は10%割引のチケットをもらったしね)

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2006年6月10日 13:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もう手放せないツールWebScanが大手ダウンロードサイから販売開始」です。

次のブログ記事は「コンパクトなデジカメの選び方。初心者のための最適デジカメはこれ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails