GoogleがGmailをはじめさまざまなサービスを提供していく中、ネットに積極的なユーザならGoogleのアカウントを持っている事が珍しくなくなってきたけど、そんなGoogleが決済システムGoogle Checkoutを発表したみたい。

ITmediaの記事ITmedia D PC USER:米Googleがオンラインショッピングの世界に進出——その名も「Google Checkout」 (1/2)によると、このGoogleCheckoutのサービスは以下のようなもの


  • ショッピングサイトにGoogleアカウントをベースにした決済機能を提供

  • 購入履歴、処理状況の把握

  • AdWordsに出稿しているショッピングサイトがGoogleCheckoutに対応していればカートマーク付きで表示される

  • Googleアカウントにログインしていれば購入者情報の入力を短縮できる

という感じ。
中小の店舗にとっては比較的簡単に多くの人が利用できる決済機能を手軽に導入できるというのは大きいかも。
もちろん、中小の店舗が参入しやすい反面、大手のサイトも導入しやすくより良い商品をより安くってなことにもなりかねないけどね。

店舗側から気になるところといえば、手数料をどれくらいとられるのかというところ。
ITmediaの記事では「商品金額の2%+0.2ドル」としていてたとえば

$100の商品が売れると
Googleには$2.2を手数料として支払う事になる。

さらに、GoogleAdsenseに出稿、つまりカート表示がでる広告を出していてGoogleCheckoutが使われると無料になるらしい。
ただし、売上がAdWords広告への出稿料金の10倍を超えるまでということでこの場合は$10以下の出稿料なら手数料を支払う必要があるみたい。

日本への進出も考えてるみたいだけどはやく上陸してくれないかな。
おもしくなりそう。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2006年6月30日 00:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「多肉植物にテンションあがる」です。

次のブログ記事は「宇治・洛南1dayチケットで伏見稲荷に。油揚げが食べたい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails