iTunes Music Storeが日本でも開始されてからというもの、そのわかりやすい価格帯とiPodの人気からまわりでもいろんな人が使ってたりしますけど、KDDI のauが携帯電話向けでの音楽配信をはじめて「打倒!iTunes Music Store!」な感じで攻勢をかけてきたり。

一方のiTunes Music Storeはモトローラの端末にiTunesを搭載して「携帯でも音楽たのしめるんだぜ!」とか発表前から期待いっぱいで出したもののiPodとのかねあいから100曲しか保存できなかったりちょっとちゅうと半端だった感がたっぷり。

そんなときになんだかNHKがソフトバンクとAppleが携帯電話事業で提携なんてニュースでびっくり。

ソフトバンクとAppleが携帯電話事業で提携でさくっと思いつきそうなのがソフトバンクが買収したVodafoneのキラーコンテンツとしてiTunesを搭載した携帯電話端末がでるってところがいちばん、それっぽいんだろうけどそれじゃ少しインパクトにかけるかな。

だって、モトローラの端末では100曲制限があったし日本の携帯電話市場では買い替えのサイクルがはやかったりsるんで、iTunesを搭載した端末が「キラー」になるとはおもえず、またモトローラの二の舞になるんじゃないかと予感。

じゃ、Vodafoneユーザとしてどんなのがいいかなと考えてみた。

端末にしばられない

日本市場特有なのかもしれないけど結構短い日本の買い替えサイクルにiTunesが搭載されただけでは新しい物好き買う特異な端末だけで終わっちゃうかな。
特定の端末だけの魅力ではなくてこれからはVodafoneのすべての(あるいは一定スペック以上の)端末に標準でiTunesが搭載されればVodafoneというキャリアの魅力になるのかも

Yahoo!との連携

ソフトバンクの孫社長いわく、Yahoo!の豊富なコンテンツを携帯から容易に利用できるようになんて言ってるのでそのYahoo!からiTunesのサブスクリションなりで配信されればiTunesの利用、AppleのDRMの浸透、Vodafoneとしてのデータ通信量の増加なんかが見込めるんではないかと

楽曲ファイルの移動

実は音楽のオンライン配信で意外と知られていない制限、他の媒体へのコピー回数がいまよりもある程度柔軟性がでてきたらいかも。
たとえば、PCやMacへのコピー、iPodなんかへのコピーなんかが考えられるけどやっぱり押さえておいてほしいのはSIMカードがおなじなら他の携帯電話にはそのままコピーできるとかね。これがないと携帯電話の機種変更のたびに今まで購入した楽曲が無駄になるなんてちとひどすぎる。

Made in Appleの携帯端末

これはできたら面白いけど、かなり懐疑的というかだしても失敗すると思う。やっぱり一日の長がある携帯端末をつくっている会社に任せるべきだ。

テレビプログラムの配信

アメリカのiTunes Music Storeみたいに、人気のテレビ番組を携帯電話向けに配信してもいいのかも。
「ワンセグ未対応だけどYahoo!BB TVとかのテレビ番組みれんだぜ!」とかならかなりよさげかも。

だいたいこんなところでしょうか。
「ソフトバンク携帯」の侮れぬ隠し玉:フリー・コンテンツ:FACTA onlineによると3月に実はジョブスと孫社長が会談していたり、シャープが試作機を作っているのかもなんて話があったりするのでこれがホンとなら結構おもしろいのかもね。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2006年5月13日 11:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新生AdobeのAjaxフレームワークSpry」です。

次のブログ記事は「J-PHONE、Vodafone、ソフトバンクモバイル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails