不思議な音色をかなでるテルミン。
その音色はとても不思議で一般的な楽器とは違い触れなくても演奏ができる、というか触れてしまうと演奏ができないというなんとも不可思議な楽器ですが、じつは楽器周辺の電気的な変化を音に変えるというもの。
そんなテルミンをコンパクトにマトリョーシカの中にいれっちゃった楽器があるそうです。

開けても開けても中から人形がでてくる入れ子状のロシアの民芸品、マトリョーシカも不思議でおもしろいものですが、そんなマトリョーシカと触れなくても音を奏でる事が出来るテルミンを合体させてしまったマトリョミンという楽器があるそうです。

なんでもマンダリンエレクトロン(Mandarin Electron)というところのオリジナル楽器なんだそうですが、講演するときの演壇のようなテルミンの機能をあのマトリョーシカに「フォルムを一切損なう事なく」おさめてしまったものです。たぶん、あけてもマトリョミンが出てくるってコトはなさそうですが。

マトリョミン教室も全国で行っていたり、各地でマトリョミンクラブもあるみたいで結構活発に活動をしているようですが、現時点でオンラインショップはつながりませんでした。
教訓ビデオがあるページでは実際の演奏風景が見れますので興味がある人はまず自分で練習してみては?

もしかしたら今年はマトリョミンが流行るかもしれませんね。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2006年4月 4日 05:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「各プロバイダがすすめるアウトバウンドポート25ブロッキング」です。

次のブログ記事は「Mac Internet Explorerに悩まされたりskEditが最高だったりする話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails