最近、まわりでmixiをやっている人が多くて最初のmixiの「限定感」とか「希少感」とかがなくなってしまっている気がする。

mixiの魅力はきっとそんなところではなく、コミュニケーションをするのが目的なんだろうと思うけど確かに一時期のmixiのイメージから大きく違うところにある気がする。

実際にmixiに招待されたのは後の方(友達いないんです)なんで、mixiの良さもわからないままにやってるけどmixiの機能の一つでコミュニティってのがちょっと使い方がよくわからない状態になってきている。

最初のころは自分の興味のあるコミュニティを片っ端から探しまくって参加しまくってたけど、実際に自分が積極的に参加するコミュニティは少なく、それと同じように活発に活動しているコミュニティもまた少ない。
ほとんどのコミュニティが掲示板もそれほど進まない中、着実に参加人数だけが増えていっているだけのような気がするし、似通ったコミュニティが乱立しているのも活動が活発に行われない原因の一つなのかも。

私も最初はそうだったけど、自分の興味のあるコミュニティを片っ端から登録していくのってこれってもしかして「自分が興味のある事をアピールする」ことが目的になってしまってるのかな?
別にmixiのコミュニティをそういった目的で使うことの是非はどうでもいいんだけどなんかそれだけならmixiでなくても…なんておもったり。

ある言葉(コト)について○か×かを判断するだけのコトノハなんかはこれぞまさしく自分の属性アピールだけの機能でmixiのコミュニティ参加で属性アピールするよりも全然楽しい気がする。

で何が言いたいかというとちょっとコトノハが楽しいというお話でした。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2006年2月 6日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジャーナリスト宣言をした朝日新聞のCMは演出やりすぎ」です。

次のブログ記事は「嫌いなものは嫌い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails