AppleにはめずらしくPentiumに切り替えを発表されてから、実際の製品が発表されるまで素晴らしいぐらいのスピードだった今年のMac World ExpoでJobsがそこで思わせぶりに4月1日をアピールしていたけどiMacではないPentium Macが発表されるとか、順当にiBookのPentium搭載機が発表されるなどいろんな噂がささやかれていたり。

そんなところでEngadget Japaneseで興味深い写真と記事が投稿されていた。

なんと今までのインターフェイスを一新し前面タッチスクリーンのヴァーチャルクリック&ホイールを採用したものになるとかならないとか。

ThinkSecret:本当のビデオiPodは今春登場する - Engadget Japanese

タッチスクリーンの特許をAppleが取得しているのは本当なので可能性は多いにあり。さらにWi-FiやBluetoothの技術者を募集していたりもしていたのでEngadget JapaneseではBluetoothやWi-Fiを搭載したiPodの可能性なんて話も。

もし本当にそうだとしたらすごいiPodになって楽しみなんだけど、4月1日という日にちも気になるし、Wi-FiやBluetoothを搭載するには少し時期が早いような気がする。
それにもう一つ、Appleはコンピュータメーカの中で革新的なイメージがある一方、実際のところ革新的なのはデザインやコンピュータに対する接し方のエポックメイキングな部分であって技術的な部分ではそれほど革新的なイメージがなかったりする。(あくまで私のイメージ)

iPodが登場してからマイナー、メジャーを含め多くのアップデートを繰り返しもうすでに5世代目になるiPodだけど「本当に」うわさ通りならPSPに対抗できるほどすごいものになるのかも。

あと気になるのは値段だね。
$600くらいかな?

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2006年2月10日 07:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NHKのドキュメンタリーが好きな人に朗報?オンラインで配信開始」です。

次のブログ記事は「2GHzのMacBook ProはBTOでCPUが載せ変え可能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails