日本人にとって和食といえば土着的ないわゆる「おふくろの味」か、いったいいくらかかるのがわからない高級割烹というイメージが大きい(のは私だけ?)んですがどうも欧米、ことアメリカのニューヨークでは一種のステータスとして和食がもてはやされているそうです。

テレビで「今ニューヨークではスシがブーム」とかカリフォルニアロールとか紹介されて「こんなの寿司じゃねーよ」って日本人が突っ込んでいたのは昔の話。
ロハスのブームもあり流行に敏感なニューヨーカーにはかまぼこでさえヘルシーなオシャレな食品に映り、日本のかまぼこ屋さんがてんやわんやだったりするのです。
そんなニューヨークでの和食は濃く、甘く味付けされたアメリカ人好みのものになっていってしまうのですね。
最近では「Nikujyaga」なんてのもこれからは流行っていくみたいです。甘いすき焼きのたれをくぐらせ到底日本の肉じゃがなんかでは想像も出来ないオシャレな仕上がりになっちゃってたりします。

最近のライブドア関連の騒動で思い起こされるのがアメリカの大手エネルギー企業「ENRON」の粉飾決算事件でこのあいだテレビでなんともタイムリーにENRONを題材にした映画をやっていたんだけど、ENRONの重役のコネでいい大学も出ていない主人公がENRONの中で慣れないながらも大きな仕事をしていく過程で、はじめは嫌いだったSushiもまわりの同僚達がステータスとしてランチに高級Sushiを食べているすがたに、どんどんとEnronらしい社員に駆け登っていくのを観ていたら、ニューヨークの和食ブームもいかがなものかなと思ってみたり。

ニューヨーカーの感覚を軽快なタッチで描いたアメリカのドラマ「Sex and the city」の中で出てくるオシャレなレストランでドレスアップをして食事をするニューカーにとっては「Sushi」は「寿司」ではなくアメリカナイズドされたNewyorker Foodsだったりするわけです。

個人的には和食の姿形ではなくもっと中身の部分、たとえばダシだったり味噌や醤油の文化をわかって欲しかったりするわけですが、ニューヨークで活躍しているIron Sheff(料理の鉄人)と呼ばれている森本シェフ曰く

「まずはとっかかりが大事。マグロのぶつ切りにワサビと醤油で食べろところまでいってほしいが、そこまでいく道のりは大事」

とのこと。
たしかに。

それにしても日本人はこと海外で流行ったものが大好きで、そんなアメリカ人の舌にあわしてでき上がったNewyorker Foodsが日本に逆輸入されて、「おっしゃれ〜」なんてお金持っている男性とそれをあてした若い女性がむらがるんでしょうね。

まぁ、わたしもそんな高いところにいけないからってひがんでるわけじゃ、決して…ないと思う。
たぶん。
でも、食べさせてくれるなら食べてみたい。というか、だれかお願いします。

コメント(1)

TBありがとうございます。
アメリカ人の友達が何人かいますが、みんな肉食で食文化の違いを感じることしばしばです。
ヨーロッパでも日本食が流行ってて、ロンドンに行った時、和食系のお店の多さにビックリしました。
こちらでは、ステータスとかぜんぜん関係なく、日本食=ヘルシーという単純な発想なのだそうな。
お鮨1個1個をラップして店頭に並べられてるのを見ると、なんだか笑っちゃいました。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2006年2月22日 07:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Web2.0という言葉は営業マンのためにある」です。

次のブログ記事は「NHKニュースのフィギア映像はどうにかなりませんか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails