EUREKAという名の財布

eureka_01.jpg
今もっている財布がかなりぼろぼろになってきたので楽天で財布を探している質感たっぷりの皮の財布をみつけた。その名もEUREKA。

質感のあるものが大好きなのでこういった財布はかなり魅力的。
皮で作られているので機能的かどうかといえば皮の固さはあるだろうしかさばるだろうから、機能性を追求するなら他の財布のほうがいいのかもしれないけどやっぱり持っていて質感があるってのは大事かもしれない。

eureka_02.jpg
eureka_03.jpg

全体的に皮をくるっとまいた感じの札入れと小銭入れの2つを合わせた感じでボリューム感は結構ある。
皮なんでボリューム感のわりに、容量は少ない。
「EUREKA」と書いたタグ部分がある方が小銭入れでひっくり返した反対側が札入れになっていて札入れ側にカードポケット4つ、小銭入れ側にもカードポケットが一つついてる。まだ買ったばっかりなんで皮がなじんでないのか札入れに10枚ほどのお札でかなりキツめ。
ウン十万円も持ち歩くリッチなかたにはちょっと大変かも。

今、EURELAと言えば交響詩篇 エウレカセブン。
少し前にならユリイカという雑誌があったり同名の映画があったりとするんだけど、このEUREKAという言葉はどういう意味なんだろうと調べてみたらΤΑ ΜΕΤΑ ΤΑ ΦΩΝΗΤΙΚΑ: 「ユリイカ」「エウレカ」「ヘウレーカ」によるとギリシャ語が語源らしい。

wikipediaによるとかの有名なアルキメデスがアルキメデスの法則を発見した際の興奮して叫んだという話らしいけど、古代ギリシャ語から現代のギリシャ語まで辿っていくと違うものになるらしく、「EUREKA」になるにはもっと紆余曲折しているらしい。詳しくはΤΑ ΜΕΤΑ ΤΑ ΦΩΝΗΤΙΚΑ: 「ユリイカ」「エウレカ」「ヘウレーカ」を参考のこと。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2006年1月12日 07:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「No more PowerBook。今年の発表は(Intel)MacBook、(Intel)iMac、iLifeにiWork」です。

次のブログ記事は「あまりにも過激すぎる絶叫マシーンにはご注意(おもらしに)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails