年末もおしせまって、むかしほど年末年始を「家族団欒」で過ごすことがなくなった最近、外食産業は活況で宅配ピザやレストランなどはきっと書き入れ時なんだと思う。

お父さんの仕事納めも終わったし、子供の学校も冬休みだしちょっと食事にでも行こうか、あるいはお母さんはまだパートなんでなにか出前でもとる?
てなかんじで、クリスマス以上にピザ屋なんかは忙しいんだろうな。

ここ最近寿司といえば、回っているのが当たり前で子供を持つお母さんには値段の相場がわかりやすいし、子供にしてみれば好きなものが好きなだけ食べれるので「お寿司大好き」なんて子供が多いと思うんだけど、そんな回っている寿司にかわって、宅配のお寿司もはやっているみたい。

宅配寿司といえば、小僧すしだったんだけど最近は「銀のさら」というチェーンが勢力拡大。
楽天デリバーなんかのオンラインで出前を取れるサービスなんかでも一部地域で配達ができたりするんだけど、TVCMなんかも流しているようでそのTVCMが少し気持ち悪かった。

TVCMの流れとしては
「ピザなんかより、かになんかより、やっぱり宅配寿司でしょ」
てな構成なんだけどその表現の仕方がちとまずい。

冒頭できれいに等分されたピザの切れ目の真ん中から変なおじさんの頭がチーズにまみれて出てきて、「ピザみたいに変なものは出てきません」とナレーションがながれてみたり
かにでは、かにを食べた後お風呂に入っている親子の湯船に大きいカニがはいっていて「仲間を呼んだりしません」なんてナレーションがながれ、最後に「銀のさら」というTVCM。

う〜ん、流れ的には競合になるサービスよりもこっちのほうがいいんだよ、っていうのはいいんだけど、表現があまりにも気持ち悪すぎ。
比較されたピザや、かにを食べる気は失せたけど、それいじょうに銀のさらを食べる気もふっとんでしまったので、食べ物のTVCMでここまで気持ち悪くするのはかなり失敗だと思う。
というか、もうあのCMを流して欲しくないです。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2005年12月29日 11:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鍋と言えば白菜。ためしてガッテンで再発見した白菜の魅力」です。

次のブログ記事は「iPodは鞄の中でワイヤレス。BluetoothなイヤフォンmLinkとActivo」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails