数年前から大量発生が頻発しているエチゼンクラゲですが、その被害の規模はものすごい。
通常の漁で網を上げればほとんどがエチゼンクラゲで、わずかに網と一緒に上げられる魚もクラゲの毒で弱ったり見栄えが悪くなったりで二束三文。
さらには海中の網には海流にのったエチゼンクラゲの群れがひっかかりまるで網が船の帆のように大きくひろがり耐えきれなくなった網は破れることも。
そんな中、被害が深刻な地元の漁協や国がいろんな対策を考えているようです。

エチゼンクラゲ退治基金、農水省が創設へ : 経済ニュース : 経済・マネー : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

農林水産省では主にエチゼンクラゲの駆除費用の補助を目的とした「経営体質強化緊急総合対策基金」を設立。
多額の費用がかかる駆除をはじめ、くらげの浮遊状態の把握の他、くらげを退治するための漁網の導入、くらげの埋め立てなどの費用を補助を目的としているようです。

水揚げされるまでのエチゼンクラゲは問題はないものの、一度水揚げされてしまうとその巨大なエチゼンクラゲは一般廃棄物なるそうでその処理にも困ります。
鳥取県、境港市ではそんな水揚げしたくもないエチゼンクラゲを畑のなかで肥料として使おうと取り組んでいるようです。

山陰中央新報 - エチゼンクラゲの有効活用、鳥取県内で模索

鳥取県ではもともと海藻を使った肥料というのがあったそうで、それならばとまずは試験的にほかの野菜と比べて塩分に強いとされる大根を栽培、見事に芽をだし順調な滑り出しのようです。
そのほかにも鳥取産業技術センター食品開発研究所魚醤をヒントに、クラゲの醤油を作るため企業と協力して脱水装置の開発など問題は残されていますが国よりも早い対応でがんばって欲しいです。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2005年12月18日 16:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「携帯電話にiPod、PSPなんかで使える小型外部バッテリーPocket MOBA」です。

次のブログ記事は「iTunse Music Storeで一部のアルバムが50円で販売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails