rudolph.jpeg
完全に日本の国民行事と化してしまっているクリスマスですが、人種のるつぼなんて言われるアメリカでは、「メリークリスマス!」ではなくて「ハッピーホリデイズ!」と挨拶をするのが一般的。
なんて日本はハッピーなんでしょう、とか思っていますが、そんなアメリカ空軍が最新鋭の追跡システムとルドルフの赤い花の灯影で毎年、あの人を追跡しています。

もともと、サンタクロースのソリをひいていた8頭のトナカイ、Dasher(ダッシャ−)、Dancer (ダンサー)、Prancer (プランサー)、Vixen (ヴィクセン)、Comet (コメット)、Cupid (キューピッド)、Donder (ドンダ−)、Blitzen (ブリッツェン)に後から加わった赤鼻のトナカイ、Rudolph(ルドルフ)の赤鼻からでる赤外線をアメリカ、カナダが北米地域の防空を共同で管理するための組織NORADで毎年追跡しています。

NORAD Tracks Santa 2005

最近では日本語でも解説がくわえられていて、追跡だけでなく12機の戦闘機に搭載されているサンタカムで富士山のすぐそばを通るサンタクロースと9頭のトナカイが見れるかもしれません

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2005年12月24日 05:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「通り過ぎてしまうようなところにある外灘紅緑灯(ワイタンホンリュウドン)で点心を食べる」です。

次のブログ記事は「これが“スシ”?日本の寿司はこうして外国に伝わる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails