愚痴

人の愚痴を聞くのも自分が愚痴るのもあまり好きじゃない。
というよりは、愚痴を聞くのが好きじゃないから「愚痴らないでおこう」「きっとそれを聞く人も不快に違いない」なんて思い込んでいるから自分からはできるだけ愚痴らないよう気をつけている。(たまに気付いたら愚痴ってる時はあるけど)


だいたい愚痴なんてものは自分が理不尽だなって感じてることをいいたいだけなんで、面白いと話ではないし、建設的な話でもない。
だからこそ、人の愚痴は我慢して聞いても人に愚痴っても自己嫌悪に陥るだけだから…なんて、自分の中にため込んだりする。

でもやっぱり正しいか間違っているかは別として自分が理不尽に思うことは「建設的じゃないから愚痴らない」なんて自分を納得させようとしても、なかなか納得できるもんではなく、もしできるとしたらそのことから気をそらすことぐらいで結局、それこそなんにも解決できないでいたりして、不意にそのことを思い出すようなことがあると「こんなに我慢してるのに!」なんて余計に理不尽に感じたりする。(この思考パターンは間違っている)

やっぱり、愚痴って必要なんだろうとは思うんだけど、素直じゃないのかなかなか「素直に愚痴」れなかったり、というか本人や人のいる時にその場の空気を険悪にさせたくないというのもあったりする。(愚痴を聞くときはほとんどの場合気分が良くない)
聞き上手な人はきっとその愚痴を愚痴とわかってうまく聞き流すんだろうな。だいたい人の愚痴って聞いてるほうには関係がないことが多いので真剣に聞いて一緒にいやな気分(愚痴ってるほうはそのあとすっきりするんだろうけど)ならなくたっていいんだろうな。きっと。

でも、理不尽に感じることはあるわけで(それが正しいか間違っているかは別として)気をそらして対処できればいいけど、そうでないものは愚痴ることにしよう。
そうすればもう少しだけ精神的に安静になれるかも。

まぁ、このブログは知りあいも見ているみたいなので、ほかの場所で人知れず。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2005年9月 5日 05:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生まれ変われなかったReBirth、ソフトシンセのRB-338が開発終了。Mac OS X版はリリースしないことに」です。

次のブログ記事は「小さいけどパワフルなヤツが即日出荷。iPod nano登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails