だーいぶ、前の夜中にテレビでかなり気持ち悪いアニメがやっていた。それからその気持ち悪さに惹かれて、見始めると…気持ち悪い。

そんなアニメだったserial experiments lainがDVD-BOXとして9月に発売されるようです。

lainの詳しいストーリーはともかくとして、ほんとにすごいなーって思ったアニメの一つ。
まずはストーリー。いきなり、飛び降り自殺をする女子高生はいるは、部屋がパイプだらけになるは小学生っぽい子がクラブっぽいところで変な話をしているはで、ほんとに気色の悪いストーリーだな誰が書いてんだ?なんて思って脚本家のところを見たら「小中千昭」。
当時はよくしらなかったけど、調べてみるとくまのぬいぐるみのような宇宙人とのふれあいを描いた川合千春と草刈正雄出演の映画「くまちゃん」を書いたと知ってちょっと納得した感じ。(その後、ガサラキ、ビッグオーなんかもやってるみたい。エウレカのついこないだの話もやってたみたい)

それと、劇中に出てくるコンピュータ。このコンピュータのインターフェイスが非常に優れている様に思った記憶があります。最初主人公の女の子が使っていたコンピュータもそうださし、高性能なコンピュータの描写も非常にリアリティがあって驚いた。

あとは音楽。なんだかすごく退廃的なイメージの音楽が多かったけどそれほど不快でもなくその時に、仲井戸“チャボ”麗市やboa(BoAとかいう韓国出身の人じゃないです)を知っておもしろいなーなんて思ったりしてました。

エンディングは好きでないけど、もっと来たいかもしれないなと。
あ、そうそう「牛さん飛び出てゲートウェイ」のときの怜音の牛柄パジャマがかわいかったな。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2005年7月31日 23:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リックスの安いかもしれないBluetooth マウスを即買。ワイヤレス快適生活。」です。

次のブログ記事は「なんでBluetoothじゃなの?Appleの新型マルチボタンマウス「Mighty Mouse」はRIXのマウスに勝てるか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails