絵心なんてものはまったくないんですが、やっぱりペンのように自由に筆を走らせて文字を書いたり落書き(!)したりするのにタブレットが欲しいななんて思っていたけど、デスクトップならまだしも、PowerBookなんかのノートを使っているのがいちいちケーブルのでつなぐのが面倒だなとか思ってたら、Bluetoothで接続できるものがありました。

WACOM FAVOのBluetoothタイプ[TG]が売っていました。
今までのWACOMのタブレットをそのままBluetoothで接続できるように舌だけですがこれは結構便利かもしれません。ちょっとしたものを書いたりしたときにそれをコンピュータに取り込むにはスキャナにセットして読み込まないといけないのをこれを使えば、書いたそのままを取り込むことができます。

IBMのパーソナルコンピュータ部門を買収したレノボですが、そのレノボからリリースされる新しいThinkPadもタブレットPCを販売すると発表してましたが、Macでは当分、タブレットMacを期待するのは難しそう。とりあえずは、発熱の問題をどうにかしてもらわないと暑くて仕方ありません。

ちょっと気になった記事としてWACOMと言えばタブレットの雄で、「ほしの声」や「雲のむこう、約束の場所」の新開誠氏もタブレットを使っているようです。
そういった絵描きの人からすれば画材のシミュレートはソフトでできても「描き味」というのが違和感がやっぱりあるみたいです。
そんな要望がおおいのかタブレットで使う筆の部分をマーカータイプのものも発表されたようです。(残念ながらFAVOは対応していないようでIntuos3[TG]とCintiq 21UX[TG]のみみたいです。)

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2005年6月12日 07:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「旬の泉州たまねぎは甘い!やっぱりテレビに紹介されるもんは違う!」です。

次のブログ記事は「リアルなiPodのシルエットCM。AppleStoreにiPodマンが登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails