場所によって携帯電話を着替える

au by KDDIがそのタフなスタイルで人気だったG-Shock携帯の後継機種を発表しました。ITmediaモバイル:G-SHOCK携帯が折りたたみ型で復活──「G'zOne TYPE-R」
でも、このタフさは毎日は必要じゃないんですよね。

耐水性はJIS保護等級7相当(水深1メートルの水槽に沈めた状態で30分放置しても性能を保つ)。耐衝撃性を高めるため、ヒンジ部やサブ液晶周りにウレタン素材、メイン液晶型本体部にはマグネシウム合金を使用。バッテリー部の丸型埋め込み式スクリューロック、落下時の衝撃を吸収する「カスタマイズプロテクター」の装備など、工夫を凝らした。カスタマイズプロテクターは3種類が付属し、好みに合わせて付け替えが楽しめる。

というのが、この携帯のウリですがこれほどのタフさは毎回のトイレに必ず携帯を便器の中にダイブさせる人ではない限り、ほとんどの人は必要ないと思います。

この時期にリリースしたのはもちろん、夏のアウトドアシーズンにむけてなんでしょうけど、それほどタフネスな携帯が必要な時間はないんだろうななんて思います。
それに3Gで先行して一日の長があるauが押しているWIN端末ではないのが惜しいところ。

もっと惜しいのがこの端末がVodafoneやDoCoMoで発売されなかったこと。
この端末が発表されてまっさきに考えたのが普段はスマートでかわいい端末を利用してアウトドアシーンなどではこのG's ONE を利用する。こんな利用の仕方がすぐに思いつくのにauではUSIMカードを採用していないのでこういう使い方ができません。

DoCoMoやVodafoneでこういうスタンスの「活動スタイルで端末を着替える」というコンセプトで端末作ってくれないかな?

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2005年6月 2日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドメイン更新をミスってサービス停止、myblog。」です。

次のブログ記事は「プリンタメーカの陰謀?「ハウルの動く城」ペーパークラフトがダウンロードできる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails