とうとう、待ちに待ったMac OS X Tiger[LS]の発売日が4月29日に決定しました。
これにあわせてApple Store[LS]では予約受付が開始され予約をすれば当日に届くそうです。

価格は次の通り

  • Mac OS X 10.4 "Tiger"
    14,800円
  • Mac OS X 10.4 "Tiger"ファミリーパック
    22,800円
  • Mac OS X 10.4 "Tiger"+ iLife '05+ iWork '05
    25,800円

Mac OS X "Tiger"の注目すべき機能ではデスクトップ検索のSpotlight、Widgetと呼ばれる特定の機能を持った小さなプログラムをすぐに呼び出せるDashboad、SafariのRSSへの対応、一定の作業を自動化するAutomaterなどがあります。
開発者はXcode 2.0やQuickTime 7でサポートされたH.264などでしょうか。
私はこのXcode 2.0が目的で購入決定です!

CNET Japanの記事「Mac OS X 「Tiger」、ついに登場へ--4月29日に発売決定 - CNET Japan」によると

さらにアップルでは、サーバ版のTiger、「Mac OS X Server ver. 10.4」も同じく29日に発売する。価格は5万2000円(10クライアント版、本体価格4万9524円)および9万8000円(Unlimitedクライアント版、本体価格9万3333円)。

とのことで、ちょっと気になるのが

新たに追加される機能としては、刷新されたiChatサーバや、Weblogサーバ、Xgrid、ウイルスの検索と隔離を行なう「Adaptive Junk Mail Filtering」などがある。

にある、WeblogサーバってAppleが開発したんでしょうか?それともMovableTypeとか他のツールをプリインストールしているのでしょうか?

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2005年4月12日 23:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ぜひ、日本語化してほしい本の一つ:CSS Zen Garden」です。

次のブログ記事は「Mac OS X 10.4 TigerのServer版、Weblog機能について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails