大阪・日本橋でんでんタウン 電気街日誌(日本橋Blog)で紹介されている高田道場のジンギスカンのお店「モンゴリアンチョップ」。
外では5,6人の団体が入りそうな雰囲気でいたので「え?そんなに混んでるの?やっぱり人気あるのかな?」なんて思っていたら、ただ単に怪しくて入るかどうか躊躇していただけみたい。そんな人たちを横目に行ってきました。
オープン間もない時に行ったので外には花がかざってありました。(一説によるとそうそうたる名前が並んでいたようです。)
が、場所が悪いのか、あまりお客さんが入っていなくてすぐに羊にありつける。
羊はたぶん、初めて食べるので臭いイメージしかなかったんですが、かなりうまいです。個人的に牛よりも好きかも脂がのっててジューシー、でもそれほどしつこくない感じです。

肉自体は1人前が800円強ぐらいで、二人でいってビール3杯になんとかご飯(米以外の穀物が入ってるんだけど忘れた)と野菜盛りで4,500円ぐらいだったと思います。
ちょっと寄るのはいいかも。

おもしろかったのが、カウンター席に座ったんですがカウンターの下に結構広めの荷物を置くスペースがあり、椅子には座るところを「パカっ」って開けてなかからコートや上着に臭いがつくのを防ぐ、カバーがでてきます。もちろん、そのまま椅子の中にふたを閉めて入れてしまえばほとんど臭いは付かないでしょう。
あと、各席に置いてあるランチョンマットみたいな紙を読んでいると格闘技好きには「くすっ」とさせてくれるかもしれませんので是非!

しかし、かなり換気に問題があるようでそれほど混んでもなかったのに店内には煙が充満!これは上着とかはかならず椅子の中に入れておいた方がいいかもしれません。

ちなみに店員は耳がギョーザになってました。
その店員曰く、「10日ぐらいにスポーツ新聞で告知をするので…東京にもオープンする予定」らしいので、空いているのは今のうちかもしれません。(東京は田町店らしいです。)

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2005年3月 9日 14:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「New PowerBookみたいにトラックパッドスクロールを実現する(フリーウェアで)」です。

次のブログ記事は「また狙われたiTunes。今度はDRMを回避できるダウンロード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails