Vodafone社長交代劇に思う

2月7日、昨年にDocomoからVordafoneの社長に就任した津田氏が社長職を退任と言う人事が発表されました。

「すわ、いきなりクビ?」と、思いきや実は社長職を日本テレコムホールディングスの元社長で現Vodafone UK社長のウィリアム・ティー・モロー氏が就任し、津田氏は会長職に就くという内容。ここまで聞いても、「本国Vodafoneからの圧力か?」と、勘ぐってしまう。 しかし、記者会見の発表によると交代を提言したのは津田氏本人で曰く、

「モロー氏に戻っていただき、私をパートナーを組ませてもらえないかと(VodafoneグループのCEOである)アルン・サリーン氏にお願いし、聞き入れてもらった」

とのことで、グローバル市場を活かすモロー氏と日本国内事情に精通している津田氏の二頭体制というのが今回の発表内容らしい。

しかし、Vodafoneグループに参加してからというもの度重なる料金体制、サービスの変更、予定通りに市場にリリースされない端末、リリースされてもグローバル戦略の影響かユーザインターフェイスの不評に他キャリアからサービスの遅れなどユーザの間には凄まじいばかりのVodafoneに対する不信感が渦巻いている現在、なかなか、今回の記者会見内容を文面通り受け取られていないのが実情。

というのも、今までなぜか他キャリアに比べてどうしても見劣りする端末しか出てこず、しかもその端末が不具合続出でようやく発表された3G端末が遅れに遅れ、その間にリークされた端末スペックではネガティブな情報が多く、いざ発売されてみればリーク情報以上にユーザインターフェイスの大幅な変更(慣れが必要なのかもしれないが)など問題が多くさらにはネットワークの不調、端末の不具合などが続出。 冬商戦向けの端末は本来冬の初めに投入されるはずが日本メーカの端末は軒並みクリスマスを逃してしまっている。 待ちに待たされた期待の3G端末がこれではさすがに辛すぎる。

特にユーザインターフェイスはひどく、日本での端末では一般的になってきたQVGAの広い表示領域がことごとく活かしきれていない。Vodafoneではこのユーザインターフェイスにより端末間の操作性を統一し利便性を提供しようというが、「YES」「NO」などの選択肢の位置の操作性はわかるとして、ほとんど常時表示されている画面下の赤い帯や、むやみに大きい情報の表示、各種操作体系における選択肢のなさはせっかく今まで各メーカが築き上げた「使いやすさ」を台無しにしてしまった。ユーザインターフェイスはただの「絵面」や「見た目」ではなく、ユーザとつながる部分だということをもっと重視してほしい。

端末の不具合、サービスの不調は論外!

ただ、グローバル化の恩恵もある。
まずはやっぱりヨーロッパを中止に広い利用エリアがあること。やはり、これが一番で海外によく行く人はかなり重宝するだろう。(残念ながらそういうユーザが日本には少ないのかもしれないけど…)
もう一つはBluetoothが全機種に搭載されていること。最近のコンピュータではBluetoothが利用できるようになてきて、またこのタイミングで改正道路交通法が施行され、車を運転中の携帯電話での通話が罰則の対象になったこともありBluetoothを広く利用できるのは魅力的だ。(でも、運転中は電話しないで!お願いだから)

今回の発表では英国Vodafoneからの圧力や、津田氏の健康問題ではないと言う。
津田氏は最近の不振について3G端末の出遅れなどを理由に挙げているがこうも言っている。

「3G端末が潤沢になれば解決するというものではない」

それに加え

「昨年12月、純増数900とボーダフォンにとって大変厳しい結果になったが、1月の状況はさらに厳しい結果になった。
<中略>
こういった結果になった事実は真摯に受け止めなければならない。ユーザーがボーダフォンから離れていく、また選んでいただけないということを全員が直視し、改善策をこうじなければならない」

『これから業績は伸びるんです!』的な発言はなく、非常に危機感を持った会見で今までとは違うVodafoneのように見えるのは私がVodafoneユーザだからだろうか。

2006年にくるであろうMNP(携帯電話の番号ポータビリティ)の時にはauに乗り換えようと思っている。
今、他のキャリアに移らないのはただ単に番号が変わるのが嫌なだけでその垣根がなくなれば問題はない。
ほとんどのVodafoneユーザはそうではないだろうか。それでも、純減してしまっているのはそこまでユーザ離れを引き起こしてしまっているのだろう。

今回の会見で、夏まで待ってみようと、思った。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2005年2月 8日 01:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「純白で無垢なiPod shuffleをあなた色に染めてみる」です。

次のブログ記事は「ZDNet Japanが復活?4/1から」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails