Applelinkageで知ったのですが、Apple Computer Inc.は1対2の割合で株式分割を行うことを発表しました。

ところで、私自身株をやっていないのであまり詳しくないのですが、株式を分割するとどういうことになるのでしょうか。

最近ではlivedoorが1株を100株に分割という株式を知らない人間にとっては訳の分からないことをやって、市場にかなりのインパクトを与えその後も近鉄を買収云々の直前に1:10の分割を行ってます。

2/14追記:CNET Japanの記事へのリンクを追加

で、分割をするとどうなるかですが、幸い近くに株をやっている人がいて聞いてみると、
例えば1株1000円の株を100株持っていてこれが、1:2の割合で分割すると元々持っていた100株が200株になるわけです。で、それだけ資産が増えるかというとさにあらず。
1株を2株に分割したわけですから、1株あたりの資産も分割されるわけで、1株500円の価値になるわけです。
ということは、結局持っている資産は前とかわらずということになります。

では、なぜ分割をするのかというと、100株持っていたものがいきなり2倍になる(でも、資産は同じで一株あたりの資産は半分)わけですから市場にもそれだけの数の株が流通する訳です。そうすると、より多くの取引が行われる(可能性がある)わけでその企業が成長率が大きかったりすると、より多くの人がその企業の株を買おうとして、結果的に株価が値上がりすることになります。

おおむね、株式を分割した場合、期間の差はあるものの元の株価の7〜8割ほどの株価まであがるそうです。(間違っていたらごめんなさい)

これは、「将来有望であろう企業の株が分割されて取引しやすくなったから買いたがる人が多くなる(だろう)」という、市場的な思惑による部分が大きいので、その企業がほんとに成長するのかどうかというのをちゃんと見極めないと、利ざやを稼ぐマネーゲームに巻き込まれてしまう可能性がありますね。

マネーゲームと言えば、ニッポン放送の株価が恐ろしいことに成っていますが、ほんとにほりえもんはマネーゲームをするのがお好きな方です。

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2005年2月12日 03:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネットを散歩していると意外なユリ・ゲラーに出会う」です。

次のブログ記事は「SDカードが激安!どこまで安くなるんですか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails