未確認ですがあるところによると自社の検索システムのキーワード検索を担っていたGoogleと契約を解消し、自社独自のYST(Yahoo Search Technology)を採用したYahoo!Japanは、さらなる利用者数を増やすために新たな検索機能を追加するかもしれない。

現在も様々な検索機能をもっているYahoo!だが、いかんせんGoogleのブランド力とシンプルさに及ばず、それらの機能をうまく活用できていないようだ。と、いってもトラフィック自体はトップを走っている。しかし、そのYahoo!全体のトラフィックのうち25%がオークションのトラフィックで検索のトラフィックは11%になっていて、検索ではなくオークションでの利用者がトラフィックの大半をしめている。

それに対し、Googleは全体が検索に対してのトラフィックなので過去3ヶ月の平均トラフィックとYahoo!に占める検索のトラフィックを比較するとGoogleが若干、上待っている結果になる。
しかも、過去6ヶ月のトラフィックの推移をみてみるとGoogleは右肩上がりなのに対し、Yahoo!は横ばいが続いている。

そういった状況を打開しようと言うのか、Yahoo!が新たな検索機能を取り入れようとしているようだ。
注意 ここからは未確認情報です
どうも、情報源を他言語にしぼってかつ、そのなかから日本語で検索し他言語の情報源からの結果を日本語で表示するといった検索機能が付け加えられるかもしれない。
具体的にそれが、どういった需要があるのか今はわからないが例えば、他言語の地域でおきている出来事をその言語でかかれたWebから日本語で探し出すといった事が考えられる。
これが有用なのかはおいといてコンセプトとしてはおもしろいのではないか。(私は使わないけどね)
Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、fruitsが2004年9月 3日 19:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホントの紅茶」です。

次のブログ記事は「Mac OSX のソフトウェアたち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Related Posts with Thumbnails